Home > ALAYA Information > マルバツ記号「◯, ☓」は世界共通?

マルバツ記号「◯, ☓」は世界共通?

翻訳やローカライズの業界ではよく知られていることですが、たまに社内でも「えー、知らなかった。」なんてことがあるので、折に触れて発信しています。
日本ではごく一般的に使用されているマルバツ記号「◯, ☓」ですが、これは世界共通ではなく、国や地域によって意味や概念が異なります。
日本語では、「◯はOK、☓はNG」の意味として、しばしば翻訳の元になる文章や表組みの中などに使われていますが、これをそのまま英語、あるいは何十もの言語の翻訳に使ってしまうと、全く逆の意味になったり、何を表してるのか意味が通じない、ということになってしまいます。
身近な例の一つとしては、ゲームの世界での「◯, ☓」、これも「決定」と「キャンセル」が日本と海外では反対になっていたりするようです。

それでは、世界共通でわかるように翻訳するには何を使ったら良いか?
一番確実なのは、「supported / not supported」、「available / not available」など、内容にあわせて単語や文章にしてしまうことです。
また、イラストなどにマルバツを重ねて表現するケースもよくありますが、あくまでも図や記号で表したいような場合には、「OKはチェックマーク」、「NGは禁止マーク(丸に斜線)」をよく使います。アンチウィルスソフトのOKがよく緑のチェックマークだったりしますね。
余談ですが、この禁止マークの斜線の向きは「/」と「\」どちらが正しいでしょう? 正解は「\」です。もともと英語の「NO」という文字を図案化したものらしく、アルファベットの「N」の斜線の向きと同じ、と覚えるといいみたいです。

文化や習慣が異なる人々に正確にわかりやすく伝えるには、注意することも色々と多いのですが、そこがまた面白いところでもあります。
ただ、日本人の自分としてはどうも○と×が逆?というのがピンと来なくて、赤ちゃんだって丸いものが好きなんだから(おそらくこれは万国共通?)、丸い形の方がやっぱり肯定的な感じがするなぁ、と思ったりもします。

Home > ALAYA Information > マルバツ記号「◯, ☓」は世界共通?

Meta
Feeds

Return to page top